AirPods ProはAndroidで使える!Pixel3で使ってみてレビュー

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

先日AirPods Proを購入しました!

嫁ちゃん
嫁ちゃん

えーまたガジェット買ったの?。

きすけ
きすけ

うぅ・・・でも一応ガジェット系ブログやってるわけだし。。。

 

今回はAirPods ProAndroidで使用したときの使用感をレビューします。

使用したAndroidスマホはPixel3になりますので、今回のレビューは全てPixel3を使った場合の内容になります。

 

今回の記事におすすめな方

  • AirPods Proが気になるけどスマホがAndroidの方

 

 

目次

AirPods ProってAndroidスマホで使えるの?

AirPods ProApple純正のイヤホンです。

iPhoneiPadとの連携が優れており、セットで使うことが前提のようなイメージがあります。

 

しかし、実はAndroidスマホでもAirPods Proは使うことができるのです。

iPhoneiPadでないと使えない機能も一部ありますが、基本的な機能はAndroidでも使うことができます。

 

 

 

Androidスマホとの接続方法

Androidスマホとの接続はとても簡単です。

 

まず、Androidスマホの設定からBluetoothの設定画面を開きます。

新しいデバイスとのペア設定を押します。

そして、AirPods Proのケースの背面にあるボタンを長押しすると、AirPods Proが表示されるのでクリックすると接続完了です。

一般的なBluetoothのデバイスと操作方法は一緒ですね。

 

 

Androidで使えるAirPods Proの機能

音楽の再生、通話機能

まず、最も基本的な機能である、音楽の再生はもちろん可能です。

一般的なBluetoothイヤホンと同じようにBluetoothで接続します。

 

Bluetoothの接続もAndroidだからといって遅かったりうまく接続できないということはなく、とてもスムーズに接続できます。

 

もちろん通話も可能です。

Appleの製品ですが、Androidでも普通のワイヤレスイヤホンと同じように使用できます。

この点については全く心配はいらないです。

 

 

ノイズキャンセリングと外部音取り込み機能

AirPods Proといえば、ノイズキャンセリング機能が優秀であることが有名です。

 

私も始めて使ったときは正直、目が点になる程びっくりしました。

本当にノイズがなくなり、無の世界に来たような静けさに一瞬で変化する体験ができます。

ワイヤレスイヤホンでこのような体験ができるのは本当に驚きました。

 

 

また、ノイズキャンセリング機能に隠れてあまりピックアップされない機能ですが、外部音取り込み機能も相当すごいです。

これはイヤホンをつけていても外しているときと同じように外の音が聞こえる機能です。

 

AirPods Proはカナル型といって、耳の中にイヤーチップを入れるタイプなので、耳栓をしている状態になります。

そのため、音楽を流していなくても外の音は聞こえづらくなります。

しかし、外部音取り込み機能は、マイクから外部の音を拾って、それをスピーカーから流すことでAirPods Proをつけていても外部の音がクリアに聞こえる機能です。

 

この機能を使うと、普段の世界にBGMが流れているような感覚で音楽を楽しむことができます。

また、家にいるときにAirPods Proで音楽を聴いていても、家族から話しかけられればその声はちゃんと聞こえます。

私は家にいるときは外部音取り込み機能を使って音楽やYouTubeを楽しんでいます。

 

タップによる操作

AirPods Proは通称「うどん」と呼ばれるAirPods Proの棒の部分にくぼみがあって、そこが感圧センサーが付いています。

ここをつまむことで音楽の停止・再生や次の曲・前の曲へ移動ができます。

 

また、1秒程度長押しすることで、ノイズキャンセリングと外部音取り込みを切り替えることができます。

 

 

 

ただし、iPhoneやiPadであれば、操作をカスタマイズできたり、Siriが使えたりしますが、Androidでそれはできません。

ただ、カスタマイズできなかったりSiriが使えなくてもそれほど困ることではないと思うので、Androidで使わない理由にはならないと思います。

 

ケース開閉による接続、切断

一度Bluetooth接続してペアリングを済ませてしまえば、次回からはケースを開けるだけでAndroidと接続ができます。

また、AirPods Proをケースに入れてケースを閉めるだけでAndroidとの接続が切断されます。

 

いちいち接続のためにスマホを操作しなくても接続できるので便利です。

AirPods Proの接続性が良いのはiPhoneやiPadのみの特権のように思われがちですが、Androidでも十分スムーズな接続ができます。

 

 

Androidで使えないAirPods Proの機能

スマホからノイズキャンセリングと外部音取り込みの切り替え

ノイズキャンセリングと外部音取り込み機能ですが、スマホからの切り替え操作ができません。

 

ただ、前述の通り、AirPods Proを1秒程度長押しすることで切り替えができるので、それほど問題にならないと思います。

私はスマホから切り替え操作できないことで困ったことは一度もないです。

AirPods Proのタップはとても操作しやすいのでタップ操作での切り替えで十分実用的だと思います。

 

バッテリーの残量表示

AndroidではAirPods Proのバッテリー残量を確認することができません。

 

しかし、AirPods Proは1回の充電で4.5時間使用することができます。

また、ケースがバッテリーになっているので、ケースに入れることで充電することができ、ケース充電により24時間使用が可能です。

 

私の使い方ではAirPods Proを1日で4.5時間以上も連続で使うことは今のところありません。

ですので、充電して出かければ充電切れの心配はほとんどの場合ないと思います。

 

さらにケースはQi充電(無接点充電)に対応しています。

ですので、無接点充電器があれば、家に帰ったら無接点充電器の上に置くだけで充電が開始されます。

このような運用をすれば、翌日には満充電された状態で持ち出せるので、バッテリー残量が確認できなくても困ることはよっぽどないと思います。

 

私はAnkerの無接点充電器を使っています。

充電器の表面が滑り止め素材になっているので、AirPods Proが滑らないので使いやすくおすすめです。

 

 

 

とはいえ、バッテリー残量確認したいという方には、非純正ですが「AirBattery」というアプリがありますので、こちらをインストールすればバッテリー残量を確認することができます。

 

AirBattery

AirBattery

Georg Friedrich無料posted withアプリーチ

 

 

空間オーディオ

iOS14から搭載されたい新機能の空間オーディオがAndroidでは使用できません。

これはまるで映画館にいるかのような体験ができる機能ですが、この機能はiOS14に加えAppleTV+を使用したときしか使うことができません。

 

そのため、空間オーディオを使いたいという方に関しては、iPhoneかiPadを入手していただくしかありません。

 

音質調整

こちらもiOS14からの新機能ですのでAndroidでは使用することができません。

ただ、AirPods Proは初期設定状態で十分良い音を鳴らしてくれるので、それほど使用することはない機能だと思います。

 

どうしても音をカスタマイズしたいという方は、iPhoneかiPadが必要になります。

 

最後に

きすけ
きすけ

AndroidでもAirPods Proは十分使えます!接続も本当にスムーズです。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

私のBluetoothイヤホンよく接続切れるけど、そんなことないの?

きすけ
きすけ

今のところ再生中に接続が切れることはないよ。これまでSONYAnkerのワイヤレスイヤホンを使ってきたけど、一番接続いいのがAirPods Proです。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

そうなんだ〜いいな〜

きすけ
きすけ

AirPods ProはAndroidユーザーにも本当におすすめです!

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる