Amazfit T-RexでIFTTTの使い方完全解説【詳細な設定手順】

 

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

今回はAmazfit T-RexというスマートウォッチでIFTTTを使う方法を説明します。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

難しそうだけど、私にもできるかな?

きすけ
きすけ

丁寧に解説するので誰にでもできるよ。

少し長い記事になりますがお付き合いください。

 

なお、ここではAmazfit T-Rexで説明をしますが、AmazfitシリーズであればIFTTTが使えますので、参考にしてみてください。

 

※使用するアプリ(Notify & Fitness for Amazfit)は無料で基本使用できますが、IFTTTを使うためにはPROライセンスの320円(私が購入した2020/06/22時点の価格)が必要になります。

Mi Bandでも使用可能です。(Notify & Fitness for Mi Bandを使用します)

 

 

目次

Amazfit T-Rexってどんなスマートウォッチなの?

今回使うスマートウォッチAmazfit T-Rexについては、詳細なレビューを別記事で書いていますので、そちらをご覧ください。

 

あわせて読みたい
【IFTTTも使える】Amazfit T-Rexをレビュー【タフネススマートウォッチ】   きすけ こんにちは。きすけです。 今回はスマートウォッチの紹介をします。   【これは何?】 Xiaomiの傘下ブランドであるHuamiから販売されているスマート...

 

Amazfit T-Rexは一言で言うと、「スマートウォッチの機能が完備された比較的安価なタフネスモデル」です。

 

 

そもそもIFTTTって何?

まずは、IFTTTとは何かについて説明します。

IFTTTは異なるソーシャルメディアを連携させるWebサービスです。

 

何やら難しい感じでよくわからないと思うので、単純な説明をすると、

「ボタンを押したら、家に帰るよというメールを自動で家族に送る」

「家に帰ってきてスマホがWifiに接続したら、リビングの電気をつける」

と言ったことが可能になるサービスです。

 

IFTTTとは「If This Then That」の略で、もし(IF)入力(This)があったら(Then)、出力(That)をするという意味になります。

もっと簡単にいうと、「AをしたらBをする」ということを実現するのがIFTTTです。

そのAとBは別々のWebサービスを組み合わせることができます。

 

IFTTTで使えるWebサービスはTwitterやInstagram、LINEなどの有名サービスからマイナーなものまで多くのサービスが使用できます。

 

今回はIFTTTで連携できるWebサービス「Googleカレンダー」を利用して説明したいと思います。

 

 

Amazfit T-RexIFTTTを使う流れ

Amazfit T-RexIFTTTを使う流れを説明します。

大まかな流れは以下の通りです。

大きく分けて2つのセクションで説明します。

 

Amazfit T-RexにIFTTTを設定する手順
  • STEP1
    IFTTTを設定する

    • IFTTTにログインする
    • IFTTTの設定をする
    • WebhooksのAPIキーを取得する

  • STEP2
    Notify & Fitness for Amazfitの設定

    • Notify & Fitness for Amazfitをインストールする
    • Notify & Fitness for AmazfitとAmazfit T-Rexを接続する
    • Notify & Fitness for AmazfitのPROライセンスを購入する
    • Notify & Fitness for AmazfitにIFTTTを設定する
    • 実際に動作させてみる

 

 

 

今回の実現するIFTTTの動作

今回サンプルとして実現するIFTTTの動作は先ほども述べた通り、Googleカレンダーとの連携になります。

 

具体的な動作としては、Amazfit T-Rexのボタンを押すと現在の時刻に「打刻」とGoogleカレンダー上に記録します。

これは、会社のタイムカード管理をGoogleカレンダーでするイメージをしています。

 

なお、今回は「打刻」とGoogleカレンダーに入力するサンプルになりますが、別の文字を入れることももちろん可能なので、応用が効くと思います。

 

 

Amazfit T-RexにIFTTTを設定する

IFTTTの設定をする

まず初めにIFTTTの設定を行います。

ここではスマホ(Pixel3)とChromeを使った環境で説明します。

他の環境でもやり方はほとんど変わりません。

 

IFTTTにログインする

まずIFTTTのサイトへ行きます。

 

あわせて読みたい
IFTTT Get started with IFTTT, the easiest way to do more with your favorite apps and devices for free. Make your home more relaxing. Make your work more productive. K...

 

IFTTTのサイトに行ったら、「Get started」からログインします。

お好きな方法でログインします。

 

私はGoogleアカウントをよく使うので、

「Continue with Google」からログインしました。

 

 

IFTTTの設定(Applet作成)を行う

ログインができましたら、早速IFTTTの設定を行います。

※IFTTTで設定するプログラムのことをApplet(アプレット)と言います。

 

トップ画面の右上を選択し、「Create」を選択します。

 

 

「If・This・Then・That」という文字ができてきます。

「+This」の+の箇所を選択します。

 

 

 

検索画面が出てきますので、検索窓に「Webhooks」と入力して検索します。

下に「Webhooks」というボタンが出てきますので、これを選択します。

 

 

次に、「Receive a web request」を選択します。

 

次の画面のEvent Nameに「button_pressed」と入力します。

ここで入力した「button_pressed」は後ほど使いますので覚えておきます。

 

入力が完了したら「Create trigger」を選択して完了します。

 

 

次に「+That」の「+」の箇所を選択します。

先ほどと同じ検索画面が表示されるので、検索窓に「Google」と入力します。

下に「Google Calendar」が出てきますので、選択します。

 

 

Googleカレンダーの画面に移りますので、「Quick add event」ボタンを選択します。

 

次の画面の、Quick add textに「打刻」と入力します。(もともと書かれていたテキストは消して構いません)

Quick add textに入力したテキストがGoogleカレンダーに入力されますので、ここをお好きなテキストに変えてもらっても問題ありません。(例:チェックイン など)

 

入力が終わりましたら、「Create action」を選択して完了します。

 

 

次の画面は確認画面になります。

ここは特にすることがないので、そのまま「Finish」ボタンを押してください。

 

なお、「Receive notifications when this Applet runs」にチェックを入れると、IFTTTが実行した時にスマホに通知がきます。

通知が邪魔な場合はチェックを外して構いません。(後から変更することは可能です)

 

トップページに戻ると先ほど作ったIFTTTのAppletが表示されています。

 

 

 

WebhooksのAPIキーを取得する

次にWebhooksのAPIキーを取得します。

何やらよくわからない言葉が出てきましたが、そういうキーがあるんだな、と思ってくだされば問題ありません。(難しいことはしないです)

 

まず、IFTTTのトップ画面の右上を選択し、次は「Explore」を選択します。

 

 

次に、検索画面になりますので、「Webhooks」と入力します。

「Services」を選択すると、Webhooksのボタンが出てきますので、これを選択します。

 

 

画面右上の「Documentation」を選択します。

すると、「Your Key is:」と書かれた画面になりますので、図の箇所の文字列をコピーします。

この文字列がWebhooksのAPIキーになります。

 

 

これで、IFTTTの設定は完了しました。

続いて、Amazfit側のアプリの設定を行います。

 

 

 

Notify & Fitness for Amazfitの設定

次にNotify & Fitness for Amazfitというアプリの設定を行います。

このアプリはAmazfitシリーズのスマートフォンに使用できるサードパーティ製アプリになります。

純正アプリより多くの設定ができるため、IFTTTを使う目的でなくてもおすすめできるアプリです。

 

基本は無料のアプリですが、IFTTTを使うためにはPROライセンスを購入する必要があるため、購入方法も含めて説明します。

※PROライセンスは320円(私が購入した2020/06/22時点)になります。

 

Notify & Fitness for Amazfitをインストールする

まず、下記リンクよりNotify & Fitness for Amazfitをインストールします。

 

Notify & Fitness for Amazfit

Notify & Fitness for Amazfit

OneZeroBit無料posted withアプリーチ

 

Notify & Fitness for AmazfitとAmazfit T-Rexを接続する

Notify & Fitness for Amazfitを起動すると下記のような画面が表示されます。

画面の指示に従ってAmazfit T-Rexの接続を行います。

 

 

 

Notify & Fitness for AmazfitのPROライセンスを購入する

次にNotify & Fitness for AmazfitのPROライセンスを購入します。(IFTTTを使うにはPROライセンスが必須になります)

トップ画面左上のボタンを押すとメニューが出てきます。

下の方に「ライセンスの状態」という項目がありますので、こちらを選択します。

 

 

ライセンスの状態を示す画面が表示されます。

私はPROライセンスを購入しているため、「有効化されました」と表示されていますが、最初は「有効化されていません」と表示されると思います。

ここで、PROライセンスの欄の「購入」ボタンを押して、購入します。

 

 

 

これでPROライセンスが購入できました。

 

Notify & Fitness for AmazifitにIFTTTを設定する

それでは、いよいよNotify & Fitness for AmazfitにIFTTTを設定します。

 

Notify & Fitness for Amazfitのトップ画面右上のボタンを選択します。

「ボタン」動作という画面になりますので、「2回押し時動作」を押します。

※ここで「2回押し時動作」を選択すると、実際にはAmazfit T-Rexのボタンを3回押したときに動作します。「3回押し時動作」のときは4回と、+1回押す必要があると考えてください。(仕様です)

 

 

 

選択画面から「IFTTT webhook」を選択します。

すると、「設定」ボタンが出てきますので、これを選択します。

 

 

 

まず、イベント名を選択します。

イベント名に、先ほどIFTTT設定で入力した「button_pressed」を入力します。

 

 

 

 

次にAPIキーを選択します。

ここにも先ほどコピーしたAPIキーを入力します。

(APIキーは複雑な文字列なので、コピペが確実だと思います)

 

 

入力が完了しましたら、テストを押して動作を確認します。

テストを押すと、Googleカレンダーの今の時刻に「打刻」と登録されるはずです。

 

 

 

動作確認が問題なければ、最後にチェックをONにします。

 

 

 

実際に動作させてみる

それでは実際にAmazfit T-RexからIFTTTを起動してみましょう。

 

先ほどのお伝えした通り、Notify &Fitness for Amazfitでボタンを「2回押し動作」に設定した場合、Amazfit T-RexのSELECTボタンを3回押した時に動作します。

 

それでは、Amazfit T-RexのSELECTボタンを連続して3回押してみましょう。

Googleカレンダーに「打刻」と登録されたと思います。

これでAmazfit T-RexでIFTTTを無事動かすことができました。

 

※注意点ですが、Amazfit T-Rexの仕様で、SELECTボタン以外にもUP/DOWNボタンを押してもIFTTTが反応します。(BACKは反応しません)

 

 

最後に

きすけ
きすけ

無事IFTTTは動いたでしょうか。わからないところがあったらコメント欄から質問してくださいね。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

できたけど、途中何してるかよくわからなかったわ。

きすけ
きすけ

まずはちゃんと動けば大丈夫。他にいろいろと試したくなったときに勉強しよう。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

私はこれで十分かな。

きすけ
きすけ

そ、そう?でも、いろいろできて楽しいよ。

 

今回はAmazfit T-RexでIFTTTを動かす手順について説明しました。

今回はGoogleカレンダーとの組み合わせで説明しましたが、スマートリモコンと組み合わせると、「Amazfit T-Rexのボタンを押すとエアコンが起動する」と言ったこともできるようになります。

最初は少し難しいですが、慣れればいろいろと設定できるようになると思うので、チャレンジしてみてください。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる