ブログを続けるために買った高級キーボード【Niz Atom66 静電容量無接点】

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

今回はブログを続けるために購入した高級キーボードを紹介します。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

キーボードってそんなに価格で性能変わるものなの?

きすけ
きすけ

キーボードは高いものと安いものですごい性能差があるガジェットなんだよ。

 

今回は私がブログを始めて2ヶ月目ぐらいに思い切って購入したキーボードを紹介します。

私はこのキーボードを購入して本当に満足しているので、記事を書くことが多いブログ運営している方にぜひおすすめしたいと思っています。

 

目次

どんなキーボードを購入したのか?

購入したキーボードは、キーボードの王様である静電容量無接点方式のキーボード「Niz Atom66です。

そんなん高級じゃないじゃん!って言われるかもしれませんが、私には高価だったので高級品です!

 

 

Niz Atom66ってどんなキーボードなの?

Niz Atom66がどんなキーボードかをお伝えする前に、まずキーボードの種類について少し説明します。

キーボードには以下の4つの種類があります。

 

  • メンブレン
  • パンタグラフ
  • メカニカル
  • 静電容量無接点

 

これらの種類について簡単で説明します。

 

メンブレン

最も安価で一般的なキーボードです。

パソコンを買ったらセットでついてくるのは大体これです。

 

パンタグラフ

キーが低く、ノートパソコンなどで一般的に使われるキーボードです。

撫でるように打つ感じになるキーボードです。

 

メカニカル

耐久性が高く、カスタマイズも可能でゲーミングキーボードなどに採用されることが多いキーボードです。

メカニカルも高価な部類になります。

 

静電容量無接点

そして私が購入した静電容量無接点ですが、これはキーを押したときに静電容量の変化を感知し、入力されたことを認識するキーボードです。

なんのことやら?という感じですが、物理的な接点がないため、底打ち(奥まで押し込むこと)が不要になり、軽い打鍵感で指への負担が小さく、高速タイピングが可能です

また、耐久性も高く、静音性にも優れている大変素晴らしいキーボードです。

 

じゃあみんなこれ使えばいいじゃん!っていうことになりますが、なんといっても価格が高い。

私が購入したNiz Atom66は中国製の静電容量無接点キーボードで、静電容量無接点の中では比較的安価なものになりますが、それでも定価は2万円程度となります。

(有名な日本製のHHKBというキーボードは3万円超えのものもあります)

 

キーボードに2万円・・・高いですよね?

 

 

なぜ高級キーボードを買ったのか?

では、なんでそんな高いものを買ったのかということですが、

 

ブログ運営=ブログを書く=キーボードで文字を打つ

 

ということになります。(当たり前ですが)

そうなると、最も負荷の高い、キーボードで文字を打つというところに投資するのは良いことではないかと考えました。

その結果は大正解です。

 

やはりメンブレンやパンタグラフのキーボードとは打ち心地が全然違って、非常に気持ちよくキーボードを打つことができます。

また、今までよりもタイピング速度が早くなり、疲れづらくなったので、文字を打つことが楽しくなりました。

 

参考までにどの程度タイピングが速くなったかというと、e-typingというサイトでタイピングを挑戦したところ、今までは「Thunder」がなんとか取れるレベルでしたが、Nizに変えて数日後には「Comet」に到達できました。

(全然参考にならないですね・・・)

インターネットでタイピング練習 イータイピング
インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing ローマ字タイピング
インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing ローマ字タイピングウェブ上で無料のタイピング練習ができます。基本からじっくり学びたい方、もう一度練習し直したい方、ぜひご利用ください。楽しくタイピング練習しませんか。

 

 

要は、Nizに変えただけで、本当に文字を速く打てるようになりました。(嘘みたいですが、本当です)

 

もちろんキーボードには好みがあるので、全員が打つのが速くなるかは分かりませんが、今のキーボードの打ち心地に不満がある方は、ぜひキーボードに投資してみるのはいかがでしょうか?

 

 

おすすめの静電容量無接点方式キーボード

Niz Atom66

私が購入したNiz Atom66は静電容量無接点方式の中では安いキーボードになります。

 

ただ、このキーボードの欠点は、日本語配列(JIS配列)キーボードが存在しないことです。

私は英語配列(US配列)が好きなので問題ありませんが、日本語配列がいいという方は注意が必要です。

 

逆に英語配列でも大丈夫という方は、このキーボードが本当におすすめです。

 

 

Fキーありの場合は、こちらのタイプがおすすめです。

 

さらに、十字キーは独立していた方がいいという方にはこちらがおすすめです。

 

HHKB Professional HYBRID Type-S

日本語配列がいいという方には、HHKBの日本語配列版がおすすめです。

静電容量無接点方式キーボードといえばHHKBというイメージもあるぐらい有名なキーボードです。

私が好きな「トバログ」さんも使用しているキーボードです。

トバログ
トバログ
トバログモノと人との交差点

 

私もHHKBを購入することも考えましたが、値段が3万円を超えるということで、私はNizを選択しました。

打ち心地については、NizとHHKBで違いがあって、ネットを様々な方の意見も見ても、どちらかが完全に優れているということはなく、好みの問題のようです。

 

 

英語版も用意されています。

 

 

最後に

きすけ
きすけ

ブログ運営している方は文字をたくさん書くと思います。ですので、いいキーボードで気持ちよく文字を打つのはいかがでしょうか?

嫁ちゃん
嫁ちゃん

このキーボード、ホクホクって音が心地いいね。

きすけ
きすけ

ホクホク?確かに聞こえる気もするけど・・・よく言われるのはスコスコだけどね。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

私にはホクホクって聞こえるけどなぁ。

きすけ
きすけ

なんにしろ静かな音で心地いいよね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる