【低価格で万年筆初心者におすすめ】LAMY safariをレビュー

 

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

今回はLAMYsafariという万年筆の紹介をします。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

最近、万年筆に興味が出てきたから楽しみ。

きすけ
きすけ

万年筆初心者にもおすすめの万年筆なので、最後まで見てもらえるとうれしいです。

 

 

目次

LAMY safariについて

LAMYはドイツのハイデルベルグに本社を構える筆記具メーカーで数多くの万年筆を販売しています。

LAMYの中でも人気の高い万年筆がLAMY safariです。

 

価格は30004000円と万年筆にしては購入しやすい価格で、非常に人気の高い万年筆です。

万年筆好きであれば、一本は持ってる人が多いのではないでしょうか。

 

また、safariは毎年限定カラーを発売することでも有名です。

2020年はキャンディーという名称で3色の限定カラーが発売されました。

毎年色々なカラーが発売するのもsafariの魅力です。

 

 

LAMY safariの外観について

それではLAMY safariの外観を見ていきます。

私が持っているsafariはブラックのEF(極細字)です。

 

 

軸(ボディ)は万年筆としては一般的な太さだと思います。

以前レビューしたプラチナ万年筆のキュリダスと比べると、同じか気持ち細めです。

キュリダスはかなり太軸ですね。

あわせて読みたい
ノック式万年筆「キュリダス」をレビュー【キャップレスデシモと比較】   きすけ こんにちは。きすけです。 今回は、ノック式万年筆「キュリダス」を紹介します。   以前、キャップレスデシモというノック式万年筆を紹介しましたが...

 

 

私が毎日使っているキャップレスデシモは細軸なので、safariの方が太めですね。

safariは細すぎず、太すぎず、個人的にはちょうど持ちやすいサイズです。

あわせて読みたい
ノック式万年筆 キャップレス デシモをレビュー【最高の普段使い万年筆】   きすけ こんにちは。きすけです。 今回はノック式万年筆を紹介します。     万年筆をボールペンのように気軽に使いたい 万年筆を手帳と一緒に使いたい...

 

 

 

キャップはねじ込み式ではなく、引っ張ってパチっと外すはめ込みタイプです。

ねじ込み式はキャップを外すのに時間がかかるので、気軽に使うには、こういったはめ込み式の方が良いですね。

 

また、キャップには丈夫なクリップが付いています。

クリップは金属製なので簡単に割れたりすることもなく、確実にクリップできます。

 

 

 

ニブはLAMYらしい独特な形状をしています。LAMYはデザイン性の高い万年筆が多く、ニブもいろんな形があって面白いです。

safariのニブは、スラっとして個人的には格好いいと思います。

※書き味については次の項で紹介します。

 

私のブラックモデルはニブもブラックで統一されており、デザイン性の高さを感じます。

 

 

 

軸部分にはインク残量の確認窓がついています。

デザインを損ねることなくインク残量が確認できるデザインはお見事です。

 

 

 

グリップ部は三角形になっており、持ちやすくなっています。

万年筆は決まった向きで書く必要があるのですが、このようなグリップになっていると目で確認しなくても持つことができ便利です。

初めて万年筆を使うという人にもおすすめできる点です。

 

 

 

インクですが、私はコンバータを使っています。

コンバータを使うことで、好きなインクボトルからインクを充填することができます。

もちろんLAMYのカートリッジを使うことも可能です。

 

 

 

LAMY safariはコンバータの差し込む箇所に、突起と溝があります。

この突起と溝を合わせてしっかり嵌め込むことでコンバータを差し込みます。

 

他の万年筆では、コンバータがしっかり差し込めたか不安になることがありますが、safariは目で見てはっきり分かるので、とても扱いやすいです。

 

 

 

LAMY safariの書き味について

LAMY safariはニブがスチールなので、しなやかさはないですが、安定感のある筆記ができます。

感覚には個人差があると思いますが、私の感覚では「サリサリ」といった感じです。

 

ただ、引っかかるような感じもなく、滑らかに筆記することができます。

クセがなく、誰にでも使いやすいニブだと思います。

 

なお、海外製の万年筆のEF(極細字)は日本製のF(細字)程度の太さのことが多いです。

そのため、細字がいいなと思ってF(細字)を買うと思ったより太いということになるので注意が必要です。

 

 

まとめ

それではLAMY safariの良いところ、悪いところをまとめます。

 

LAMY safariの良いところ

  • デザインが良い
  • グリップが三角形になっており持ちやすい
  • インク残量確認窓がある
  • コンバータの装着がやりやすい
  • スチールニブで安定感のある書き味

 

LAMY safariの悪いところ

  • プラスチックボディで高級感はない
  • 万年筆特有のしなやかな筆記は楽しめない

 

 

最後に

きすけ
きすけ

LAMY safariは欠点の少ないベストセラーモデルです。カラーも豊富でつい集めたくなってしまう万年筆です。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

イエローやピンクもあるのね。価格も手頃でいいね。

きすけ
きすけ

万年筆の最初の1本にもおすすめですので、ぜひ手に取って見てください。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる