iPadの外部USキーボード使用時に親指で日本語・英語を切り替える方法

 

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

今回はiPadとUSキーボードの組み合わせについてお話しします。

 

目次

USキーボード使うことになったが、日本語・英語切替方法がわからなかった

iPad OS13の目玉機能として、iPadが正式にトラックパッドに対応し、Magic Keyboardが発表されました。

しかし、私が持っているiPad Proは旧型のため使用できずガッカリしていました。

 

ところが、Logicoolからトラックパッド式のキーボード付きケース(Logicool Combo Touch Keyboard Case with Trackpad)が発売する情報をゲットし、これは買うしかない!とテンションが上がっていました。

ところが、よくよく調べてみると、キーボードがUS版しかなかったのです

 

Logicool Combo Touch Keyboardのレビューしてます。

あわせて読みたい
【iPadをPC化】Logicool Combo Touch keyboard Case with Trackpadをレビュー きすけ こんにちは。きすけです。 今日はiPad用キーボードの紹介をしたいと思います。   【これは何?】 iPad Pro 10.5 or iPad Air (3rd)に対応したトラックパッ...

 

 

私はこれまでJISキーボード(日本語キーボード)しか触ったことがありません。

USキーボードがどんなキーボードかを調べてみると、returnキーが小さい、キー配置が違う(〜、=など)、日本語切り替えキーがない(当たり前ですが)ということを知りました。

 

キー配置が違うのは仕方ないのとして、どうしても気になったのが日本語と英語の切り替え方法。

公式サイトとか見ると、地球儀マークを押せば変えれるってことはわかった。
だけど、私はMacのJIS版キーボードの日本語切り替えが至高と思っているので、どうしても親指で日本語・英語の切り替えがしたかった。。。

 

 

  •  JIS(日本語)キーボード

スペースキーの両隣のキーで日本語・英語を切り替えるので親指で操作できます。

 

 

 

  •  US(英語)キーボード

当たり前ですが、日本語・英語切り替え用のキーは用意されていません。

 

 

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、ここでは、Logicool Combo Touch Keyboard Case with Trackpadで、MacのJIS版キーボードのように親指で日本語切り替えができるかをお伝えしようと思います。

ちなみに先に結論を述べると、Mac風にはできるが完璧ではない、です

 

 

USキーボードって何?

  • USキーボード=英語版キーボード
  • JISキーボード=日本語版キーボード

 

このように考えていただければ良いと思います。

要は海外で使われている配列のキーボードで、そのため日本語の表記がないキーボード になります。

とはいえ、一般的にローマ字打ちをする方が多いため、基本的な操作には問題ない方が多いと思います。

 

ただ、前書きにも書きましたが、アルファベット以外の配列はJISと異なっており、慣れるまで時間がかかると思います。(私もそうでしたし、まだ完全に慣れたとはいえないです)

とはいえ、USキーボードの方が合理的な配置(例えば、「」が横に並んでいる等)になっていると思いますので、慣れてしまえば、JISキーボードよりも使いやすいとよく言われます。

 

 

一般的な日本語・英語の切り替え方法

さて、本題ですが、日本語・英語の切り替えの方法をお伝えします。

 

まず、通常の日本語・英語切り替え方法は、地球儀マークを押すことで切り替えになります。
これはiPhoneなどのスマートフォンでお馴染みの方法だと思います。

Logicool Combo Touch Keyboard Case with Trackpadは地球儀マークが左下に位置しているので、こちらを押すたびに、言語が変わることになります。(どの言語に変わるかは設定で変更可能です)

 

 

 

また、標準で用意された設定をすることで、caps lockで切り替えすることも可能です。

この場合、aの左隣のcaps lockを押すことで、言語を変えることになります。

 

 

 

ここまでが一般的な日本語切り替え方法です。

ただ、これではMac風の日本語切り替えができませんので、次項で説明します。

 

 

Mac風の親指で日本語・英語切り替えにカスタマイズする

Mac風の日本語切り替えというのは、先ほども書きましたが、スペースキーの左右キーで日本語と英語を切り替えることです。

 

 

 

これをLogicool Combo Touch Keyboard Case with Trackpadに置き換えようとすると、そこにはCommandキーが左右に配置されています。

設定で修飾キー(ControlやCommandキーのこと)を入れ替えることが可能なので、Commandキーと地球儀キーを入れ替えます。

 

 

 

 

 

 

すると、スペースキーの左右ボタンで日本語英語が切り替えられ、親指で日本語切り替えが可能になります。

 

 

 

また、地球儀キーをCommandキーに置き換える利点として、私みたいに普段は会社でWindowsを使っている人にとっては、左下はControlキーで慣れてしまっていると思います。

ControlキーはおそらくControl+cやControl+vでコピー&ペースト、Control+sで保存などが最も多い使い方だと思います。

iPadではこのコピー&ペーストなどはCommand+cやCommand+vになるため、WindowsのControl=iPadのCommandであり、Windowsと同じように左下のキーでコピー&ペーストができるため、Windowsに慣れている人にはとても使いやすい配列になります。

 

 

 

私はこの設定で日本語切り替えもCommandの配置もとても満足して使うことができています。

 

 

注意点

ただし、この方法は完璧ではありません。

それは、Macの日本語英語切り替えは、スペースキーの右側が日本語化、左側が英語化とそれぞれ役割が分かれています。

 

ところが、今回の方法だと、どちらを押しても、次の言語に切り替わるため、完璧にMacと同じ状況にはならないです。

この点だけ注意ください。

 

 

まとめ

きすけ
きすけ

Mac”風”の日本語・英語切り替えはiPad&USキーボードでもできるよ

嫁ちゃん
嫁ちゃん

どんなUSキーボードでもできるのかな?

きすけ
きすけ

キーボードの種類によって修飾キーの配置が異なることもあるから、キーボードを買うときは配列をよくみて選んでね。

 

iPad&USキーボードで日本語・英語切り替えがしっくりこないと思っていた方は、ぜひこちらの方法を試してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる