耳を塞がないBluetoothイヤホン SONY SBH82D

 

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

今回は、ソニーのイヤホンをレビューしたいと思います。

 

 

このイヤホンですが、少し変わったイヤホンで、耳を塞がない構造をしています。

つまり、イヤホンをしながら会話をしたり、外の音を聞くことができるイヤホンです。

 

音楽を聴くぞ!というよりは、バックでBGMを聞いているような使い方をするイヤホンになります。

 

目次

耳の塞がないBluetoothイヤホン SONY SBH82Dの概要

主な仕様は下記の通りです。

仕様は一般的なBluetoothイヤホンと言ったところだと思います。

個人的にはUSB type-Cがうれしいですね。

 

電源 DC3.7V:リチウムイオン電池
充電時間 約2時間
充電方法 USB充電(USB type-C)
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大7.5時間
Bluetooth通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.4.2
最大通信距離 見通し距離 約10m
対応Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC, AAC(iOSのみ対応)

 

このイヤホンの特徴は仕様には現れないところですので、仕様についてはこの辺りにして、実際に使ってみた感想を書いて行きたいと思います。

 

 

SONY SBH82Dを実際に使ってみた

外観について

私は3色あるうちのブラックを購入しました。

耳の下から嵌める構造をしているため、かなり特殊な形状をしています。

 

 

 

デザインは個人的にはカッコいいと思います。シンプルで無駄のないデザインです。

 

リモコンですが、右側リモコンには電源、NFC、充電、マイクがあります。

 

 

 

 

左側リモコンには音量調整と中央に再生停止などを行うボタンがついています。

この中央のボタンは、ワンクリックで再生・停止、ダブルクリックで次の曲に進みます。

音楽を聴く上で基本的な操作は、リモコンだけで行うことができます。

 

 

 

音質について

耳を塞がないイヤホンということで、それほど音質には期待していませんでした。

ところが、これが意外といい音を鳴らしてくれます。

 

もちろんこの価格帯の密閉型イヤホンに比べると音質は劣ると思います。

しかし、耳をふさがない、オープンイヤータイプのイヤホンとしてはいい音質だと思います。

 

音漏れについて

耳をふさがないということで、音漏れが気になるところだと思います。

これについては、自分ではわからないので、静かな部屋の中で音楽を楽しめる程度の音量で音楽を聴いているときに音漏れしているかを嫁ちゃんに聞いてみました。

 

結果、音は全然聞こえないようです。

余程音量を上げない限り、音漏れはほとんどしないようです。

 

これは意外だったのでビックリ。

これなら、外でも普通に使えそうですね。

 

 

 

まとめ

それではSBH82Dの良いところ悪いところをまとめたいと思います。

SBH82Dの良いところ

  • 耳を塞がないので、音楽を聴きながら会話ができる
  • 歩きながら使っていても周りの音が聞こえるので、通常のイヤホンより危険でない
  • 付け心地がよく、長時間付けていても耳が痛くならない
  • 充電がUSB type-C
  • NFC対応で、簡単にペアリングができる
  • 音量調整、再生・停止などのリモコン操作が可能
  • 通話が可能なので、リモートワークなどに利用可能
  • オープンイヤータイプのイヤホンにしては音質が良い

 

SBH82Dの悪いところ

  • 同価格帯の密閉型のイヤホンほど音質は良くはない
  • 完全ワイヤレスではなくケーブルがあるため、ケーブルが気になる

 

オープインイヤータイプとして使うことを前提とした場合、悪いところはそれほど思いつきません。

ただ、がっつり音楽を聴きたいというときは、やはり密閉型のイヤホンなどを使う方が良いと思います。

あくまでもながら聴き専用と考えると素晴らしいイヤホンです。

 

 

最後に

きすけ
きすけ

耳をふさがない構造のため、家族といるときに音楽を聴きたいとき重宝してます。最近ブログを書くときに毎日使ってます。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

最近耳につけていたのはこれだったのね。イヤホンつけてるのに普通に会話してるから不思議だったのよね。それにしても、何個イヤホン持ってんのよ・・・

きすけ
きすけ

しばらくは買いません・・・たぶん。。。

 

ながら聴きするイヤホンとして最適だと思います。

同じSONYから完全ワイヤレスタイプも販売していますが、値段が高いため、1万円以下でシンプルな機能のこのイヤホンは多くの人にお勧めできると思います。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる