【超小型 油性ボールペン】ゼブラ SL-F1 STをレビュー

 

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

今回は小型ボールペンを紹介したいと思います。

 

今回紹介するのはゼブラのSL-F1 STというボールペンです。

収納時にびっくりするぐらいコンパクトになるので、手帳やポーチの中にボールペンを忍ばせたい時にすごく使いやすいです。

 

目次

ゼブラSL-F1 STの概要

SL-F1 STの仕様は以下の通りです。

 

ボールペン径 0.7mm
替芯 F-0.7芯
インク色
サイズ 全長105mm(収納時)/134mm(伸長時)最大径φ10.1mm
重量 25.9g

 

 

軸の色(本体色)は、全6色あります。

 

  • ピンク
  • ライトブルー
  • ネイビー

 

 

 

ゼブラSL-F1 STの外観と使用感

それでは私が所有しているSL-F1 STを見ていきます。

色は黒(ブラック)を購入しました。

 

まずは収納時です。

かなり小さいことがわかると思います。

 

 

 

キャップレスデシモ、Apple pencil(第一世代)と比較してみました。

他のペンに比べてSL-F1 STがかなり小さいことがわかります。

 

 

 

ただ、飛び出したペン先が不格好であまり好きではないです。

これ、どうにかならなかったのかなぁって思ってしまいます。

 

 

 

次に筆記時(伸長時)の状態です。

全長が約30mmも大きくなるので、まるで別のペンのようです。

 

 

 

伸縮部も金属でかなり剛性が高く感じます。

伸ばしたところがグラグラして筆記時に気になるようなことはありません。

高級感もあって、安っぽさはないですね。

 

また、クリップもしっかりとした大型のものがついています。

プラスチック製のクリップって結構壊れやすいので、この辺りも安心ですね。

 

 

 

ちなみに、収納するときは、カチっと嵌まりますので、勝手に伸びることはないと思います。

 

 

キャップレスデシモとApple pencil(第一世代)と比較してみました。

見ての通り、キャップレスデシモとほぼ同じサイズなので、筆記時は普通のボールペンと同じ感覚で使えると思います。

 

 

 

まとめ

ゼブラSL-F1 STの良いところ

  • 金属感が強く高級感がある
  • 収納時、かなり小さいサイズになる
  • 筆記時は普通のボールペン並のサイズになる
  • クリップも大きくしっかりしている

 

ゼブラSL-F1 STの悪いところ

  • 収納時のペン先がちょっとカッコ悪い
  • 金属製なので重い

 

重さについては、ある程度ずっしりしていた方が書きやすい人もいるので、悪いところにならない人もいると思います。

 

 

最後に

きすけ
きすけ

収納時にすごく小さくなるので、手帳とセットで使ってます。万年筆とセットで使うのもおすすめです。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

小さいボールペンって書きづらかったりするけど、筆記時に普通のボールペンぐらいの大きさになるのがいいね。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる