【人間工学キーボード】Surface Ergonomic Keyboardをレビュー

 

きすけ
きすけ

こんにちは。きすけです。

今回はMicrosoftのキーボードを紹介したいと思います。

 

目次

これは何?

マイクロソフトが出している人間工学キーボード(エルゴノミックキーボード)です。

ぐにゃっと曲がった形が特徴的なちょっと変わったキーボードになります。

 

 

 

なんで買ったの?

最近、Logicool Combo Touch Keyboard CaseというiPad用のキーボードを買った影響で、USキーボード(英語版キーボード)にハマってしまっています。

 

あわせて読みたい
【iPadをPC化】Logicool Combo Touch keyboard Case with Trackpadをレビュー きすけ こんにちは。きすけです。 今日はiPad用キーボードの紹介をしたいと思います。   【これは何?】 iPad Pro 10.5 or iPad Air (3rd)に対応したトラックパッ...

 

 

そうなると仕事で使用しているWindowsでもUSキーボードが使いたくなるわけで、いろいろ物色していると、エルゴノミックキーボードなるものを発見。

これは使ってみたい・・・ということで、買ってみました。

 

 

 

これが人間工学というものか・・・(ん

「Surface Ergonomic Keyboard」というキーボードです。

Surface用と謳っていることもあり、色がグレーです。

 

前々から打ちやすいのかなって気にはなっていたのですが、これのUS版が手に入るということでつい買ってしまいました(とはいえ、中古ですが・・・)

 

 

Surface Ergonomic Keyboardを使って見た感想

最初に触った感想は、使いづらい!でした。

というのも、エルゴノミックキーボードを触るまで気付いていなかったのですが、私は「B」を右手で打っていました。

一般的には「B」は左手で打つようで、エルゴノミックキーボードも「B」は左手側にありました。

 

 

 

最初は買うんじゃなかった・・・と、後悔していましたが、諦めずに使っていると、1週間経過したあたりから、めちゃくちゃ使いやすいくなってきて、今では買って良かったと思っています。

デザインもグレーでおしゃれだと思うので、所有欲も満たされ、なんだか良い買い物した気分になっています。(中古で安かったし・・・)

 

あと、キータッチは軽めで、軽快に打つことができます。

また、ノートパソコンのようにキーが低くなく、だからといってメカニカルキーボードのように高くもなく、ちょうど良いキーストロークで、個人的にはかなり打ちやすいです。

 

接続はBluetoothのみ、バッテリーではなく単4電池2個です。

 

 

 

この電池を入れる箇所の蓋ですが、珍しい開け方をします。

 

 

 

こんな感じで指で押し込むと開く仕組みです。

これがなかなか開けやすく、全部これになればいいのにと思った、ちょっと嬉しい仕組みです。

ちなみに背面は非常にシンプルで、すっきりしています。

 

 

 

まとめ

良いところ

  • 慣れるとすごく打ち心地がよくて、早く打てる(気がする)
  • フルキーボードなので、テンキーもある
  • Bluetooth接続なので、iPadなどでも使える
  • 自然な姿勢でタイピングできるので疲れづらい

 

悪いところ

  • サイズが大きい(机のスペースに余裕がないと厳しい)
  • 値段が高い(私は中古で買ったので、比較的安価でしたが)

 

 

最後に

きすけ
きすけ

ホントこのキーボード最高。慣れるまでちょっと時間かかったけど、慣れちゃえばやめられないです。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

ホント、キーボード好きね・・・

 

慣れるまで時間がかかりますが、慣れると最高のキーボードです。

キーボードは人によって好みが分かれるものですので、可能であれば一度お店で触ってみると良いと思います。

でも、慣れると本当にいいので、おすすめです。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

monomonoGoを運営している「きすけ」です。
年齢は37歳(2020年12月現在)、愛妻家、2児の父、働く乗り物の設計者。
ガジェット、カメラ、写真、Apple製品、文房具が大好物な生き物です。

コメント

コメントする

目次
閉じる